今から約1200年前の弘仁9年(818年)、第52代嵯峨天皇が病に倒れました。長引く病心配した家来たちが、八幡の神に祈祷を頼んだところ、“陸奥の国 岩瀬の郡の西、二岐山の麓を流れる鶴沼川のあたりに熱湯が沸き出でている。そこの湯あかをとって薬とすれば、天皇の病は治るであろう”というお告げをいただいたそうです。そこで、星 左京進、若狭助、丹波の3兄弟がお告げの通りに湯あかを求めると、たちまち病は治り、それに感謝した天皇は、弘法大師自ら彫った像のひとつを奉った温泉八幡宮(ゆぜんはちまんぐう)をこの地にお建てになりました。そして、先の3兄弟をここに住まわせ、いつまでもこの温泉を守ることにしました。これが、湯本温泉の始まりと言われています。
 
 
   …お客様からの声…
     
 注)これらの感想は、すべてお客様個人のもので、すべての方に当てはまるものではありません。
 
 
 
 
 
 
 
温泉データ  
   
  温泉分析  
   
源泉かけ流し 源泉温度: 48度 湧出量: 60g/分
当宿のお湯は、自然湧出の源泉からの掛け流しです。 季節や自然状況などによって、湯量や温度が若干変動する場合がございます。
成 分 ナトリウムーカルシウムー塩化物泉
効 能 胃腸病、糖尿病、切り傷、火傷、神経痛
湯ばな 温泉の起こりに出てきた「湯あか」とは、現在で言うところ
「湯ばな」のことです。今でもなお、お湯と供にお風呂に流れ
入ってきている茶色のものです。これが温泉の元となるものです。
皮膚についた塩分が、体からの水分の蒸発を防ぎ、湯上り後もなお体が
温まっているのが特徴ですので、入りすぎにご注意ください。
お風呂の基本情報
シャワー
カミソリ
ドライヤー
リンス イン シャンプー
ボディソープ
セルフコインランドリーコーナー